元日本代表DFの田中マルクス闘莉王氏が日本代表DF吉田麻也(サンプドリア/イタリア)に喝を入れている。

14日、日本代表はキリンカップサッカー2022決勝でチュニジア代表と対戦し、0-3で完敗した。試合は前半を0-0で折り返すも、後半開始早々に失点。そこからバランスを失っていくとミスを重ね、最終的に3失点を喫した。

そのうち2失点に直接的に絡んだのがキャプテンを務めた吉田。55分のPK献上と76分のお見合いがあったが、闘莉王氏は試合終盤にカウンターから喫して3点目も吉田が絡んでいると指摘。「マヤ大好き。友達だ」と前置きしたうえで苦言を呈した。

裏へのスルーパスを許した吉田が、ボックス右で相手選手を倒してしまいPKを献上した55分については、「最初のポジショニングが悪かったわけじゃないけど、相手のいいボールで後ろに出されて、でもカバーしてくれる選手が間に合う。何を考えてあのスライディングをしたのか。なぜあの判断をしたのか」と判断ミスを指摘した。

そして、相手のゴールキックが最終ラインの裏へ流れるなんということもないシーンから、吉田とDF板倉滉が譲り合ってしまって相手に奪われ、その流れからゴールネットを揺らされた2失点目については、「ゴールキックから点を取られるなんてアマチュアでもない」と強い言葉で怒りを露わにした。

一方で、吉田だけのミスではなくGKシュミット・ダニエルのポジショニングも指摘。「少し前に出ていればキャッチできたと思う」と言及したうえで、「前向いているGKの方がクリアやキャッチングしやすい」とし、「ループシュートで点取られたら俺のせいだといってもいいくらい」と吉田にアドバイスを送っている。

後半アディショナルタイムの3失点目については「球際」と一言。「絶対にあのボールを後ろにこぼしちゃいけない。どんな形でもいいから相手を進ませないくらいの気持ちを持たないといけない」と求めた。

それでも、最後には吉田について「本当に信頼しているし、気持ちでも見せてくれる選手。間違いなくもう1回立て直してくれると思う」とエールも忘れなかった。