バルセロナは15日、ラシン・サンタンデールからU-19スペイン代表MFパブロ・トーレ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までで、契約解除金は1億ユーロ(約140億2000万円)に設定されている。

また、移籍金は500万ユーロ(約7億円)だが、最大2000万ユーロ(約28億円)のインセンティブも付随している。

今年3月の段階で加入内定が発表されていた中、15日にカンプ・ノウを訪問したトーレは、ジョアン・ラポルタ会長や代理人、家族同席の下で契約書にサインした。

そして、クラブ公式チャンネルのインタビューでは、「ここに来られて嬉しいよ。イニエスタとチャビは僕の子供時代のヒーローだったからね。このチームのためにすべてを捧げることを約束するよ」と、意気込みを語っている。

トーレはラシンのOBでもあるスペイン人MFエステバン・トーレ氏を父親に持つ攻撃的MFで、昨季にトップチームデビュー。トップ下を主戦場にテクニックと視野の広さが武器のチャンスメーカータイプで、プレースキッカーを任されるほどキック精度も兼備し、レアル・ベティスのスペイン代表MFセルヒオ・カナレスの再来としての呼び声も高い。

なお、ラシンではプロデビューから公式戦通算59試合の出場で14得点16アシストをマークしており、今季はここまでセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)で31試合10得点9アシスト。クラブのレジェンドでもあるチャビ・エルナンデス監督の下、MFペドリやMFガビといった新鋭が次々と現れるチームにまた新たな才能が加わることになった。

なお、当面はバルセロナBが主戦場となる予定だが、プレーシーズンのアピール次第では前述の同胞2選手のように早い段階からトップチームでプレーすることになるはずだ。