ポルトとサプライヤーのニューバランスは、2022-23シーズンで着用するユニフォームのデザインを発表した。

セルジオ・コンセイソン監督の下で5シーズン目を迎えたポルトは、今季も開幕から圧倒的な強さで白星の山を築いた。58試合無敗のリーグ新記録を樹立するなどし、2季ぶり通算30回目のリーグ優勝を成し遂げた。

13日に発表された1stユニフォームは、伝統の青と白のストライプ。クラブの歴史を重んじたクラシカルでシンプルなデザインは、ニューバランスのスニーカーとも好相性だ。

また、16日には青がベースカラーの3rdキットも公開された。1983-84シーズンのUEFAカップウィナーズカップ(統合され現在はヨーロッパリーグ(EL))、欧州のコンペティションで初の決勝進出を果たした当時のシャツをオマージュ。欧州のトップチームへの出発点となった特別な瞬間に敬意を表している。

なお、2ndユニフォームに関するリリースは、まだなされていない。

ポルトのオフィシャルショップやオンラインショップで予約を受け付けており、1stは28日から、3rdは7月6日から全世界で購入可能となっている。

現在、ポルトからポルティモネンセへ期限付き移籍中の元日本代表MF中島翔哉の去就にも注目が集まるが、袖を通す可能性はあるのだろうか。