リバプールのエースが、盛大にバースデーを祝われた。

リバプールの押しも押されぬエースであるエジプト代表FWモハメド・サラー。今シーズンもプレミアリーグでは35試合に出場し23ゴール14アシストを記録。得点王に輝く活躍を見せた。

チームは2位に終わった中、チャンピオンズリーグ(CL)でも13試合で8ゴール2アシスト。決勝に駒を進めていたが、レアル・マドリーの前に敗れ、こちらも準優勝に終わっていた。

タイトルとしてはFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)の2冠を達成し、得点王も取ったことで一定の喜びはあるだろうが、やはりリーグをCLを獲れなかったことは悔しいだろう。

さらに、エジプト代表として臨んだアフリカ・ネーションズカップでは同僚のFWサディオ・マネを擁するセネガル代表の前に決勝で敗戦。また、カタール・ワールドカップ(W杯)も最終予選でセネガルに敗れ、W杯出場を逃していた。

失意の方が大きそうなシーズンだが、6月15日はサラーの30歳のバースデー。盛大に祝われたようだ。

サラーは自身のSNSを更新。サッカーボールのデザインの巨大なバースデーケーキの前に満面の笑みを浮かべていたのだ。

多くの祝福のコメントが寄せられる中、やはり注目は顔よりも遥かに大きなサッカーボールのケーキに。「すっごいケーキ」、「どこまでがケーキ?」、「どうやって食べるの?」と、そのサイズに驚きの声が集まっている。

リバプールとの残り契約は1年。あと1年はクラブに留まることを宣言しているサラーだが、30歳のシーズンは素晴らしいものになるだろうか。