リバプールは17日、7月に2試合のプレシーズンマッチを行うことを発表した。

2021-22シーズンのプレミアリーグでは2位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)も決勝まで進んだ中、レアル・マドリーの前に敗戦。FAカップとEFLカップ(カラバオカップ)は優勝したものの、悔しいシーズンとなった。

そのリバプールは、新シーズンに向けて2試合のフレンドリーマッチを開催。7月21日にRBライプツィヒとアウェイで対戦。また7月31日にホームでストラスブールと対戦することが決まった。

今夏の移籍市場で選手が入れ替わることが予想されるリバプール。どのような動きが起こるかは不透明な状況だが、退団が噂される日本代表MF南野拓実が残留すればGK川島永嗣との日本代表対決が見られる可能性もありそうだ。