【明治安田生命J1リーグ第17節】
2022年6月18日(土)
18:00キックオフ
鹿島アントラーズ(2位/30pt) vs 京都サンガF.C.(9位/20pt)
[県立カシマサッカースタジアム]

◆再び勝ち星を重ねられるか【鹿島アントラーズ】

近年のシーズンとは異なり開幕から良いスタートを切れている鹿島。中断前の順位は2位と覇権奪還のチャンスを残している状況だ。

今節で前半戦は終了。首位との勝ち点差は僅かに「1」という状況。しっかりと後を追いかけていきたいところだろう。

ただ、中断前のリーグ戦は3戦未勝利と足踏み状態。中断期間のYBCルヴァンカップもアビスパ福岡相手に1勝1敗となったが、アウェイゴール差で敗退。あまり良い流れとは言えない。

エースである上田綺世が日本代表活動に参加していた中でケガで途中離脱。結果も残せずという状況だったが、すでに全体トレーニングに合流しており、京都戦での起用は可能だろう。鈴木優磨が出場停止となるだけに、チームとしては前半戦ラストマッチが正念場。ただ、ここから切り替えて勝利し、後半戦に向かっていきたいところだ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:クォン・スンテ
DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝
MF:樋口雄太
MF:仲間隼斗、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ
FW:和泉竜司、上田綺世
監督:レネ・ヴァイラー
出場停止:鈴木優磨

◆ルヴァンの反省を生かせるか【京都サンガF.C.】

12年ぶりのJ1挑戦となっている京都だが、前半戦残り1試合の時点で8位という好位置につけている。下を見る必要はないが、降格圏殿勝ち点差は「7」。まだ余裕がある中で、しっかりと勝ち点を重ねていきたい。

その京都は中断前に川崎フロンターレに1-0で勝利するという大きな勝ち点3を獲得。ただ、中断期間のルヴァンカップでは名古屋グランパスを相手に1試合で6失点を喫するなど連敗。勢いは削がれてしまったと言えるだろう。

鹿島を相手にも得意とする前からのプレスをかけていくことは大事だが、裏を取られて仕舞えば危険な展開も待っている。いかにコンパクトな守備を保てるかがカギとなる。

いかに自分たちの形に持っていけるのか。京都の生命線でもあるプレスからのカウンターをしっかりと見せたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:上福元直人
DF:白井康介、井上黎生人、麻田将吾、荻原拓也
MF:福岡慎平、川崎颯太、武田将平
FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、豊川雄太
監督:曺貴裁
出場停止:アピアタウィア久