【明治安田生命J1リーグ第17節】
2022年6月18日(土)
19:00キックオフ
ガンバ大阪(13位/17pt) vs 横浜F・マリノス(1位/31pt)
[パナソニック スタジアム 吹田]

◆前半戦ラストで答えは出るか【ガンバ大阪】

リーグ戦連敗中のG大阪。中断期間は悪い流れのチームにとっては非常に大きな時間になったはずだ。

特に守護神・東口順昭が復帰したことは大きいだろう。チームが不安定な要素の1つは性守護神がいなかったこと。そこが復活できることは大きな部分だ。

しかし、チームの悪い流れが変わるかどうかはここからの戦い次第。シーズンを折り返す中で、チームとしての戦い方が定まっていないことは非常に危うい。

4バックと3バックを併用しながら進んできた中で、守備の形も攻撃の形も出来上がってはおらず、勝ち点が積み上がらない理由の1つに。このおよそ3週間の中断期間に何をえたのかを示したいところだ。

相手は首位チーム。自信を持てるパフォーマンスを見せられるのかに注目だ。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、昌子源、クォン・ギョンウォン
MF:小野瀬康介、齊藤未月、ダワン、黒川圭介
MF:中村仁郎、山見大登
FW:レアンドロ・ペレイラ
監督:片野坂知宏

◆首位で前半戦を終えられるか【横浜F・マリノス】

中断前のリーグ戦ではジュビロ磐田に2-0で勝利。川崎フロンターレが敗れたこともあり首位に浮上することに成功した。

今節が終われば前半戦は終了。首位のまま後半戦に入るためにも、しっかりとアウェイゲームで勝利を収めたいところだ。

開幕からAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の連戦を含め、休む機会がほとんどなかったチームにとっては、この3週間はリフレッシュするにはうってつけの期間だっただろう。コンディションを取り戻しつつ、チームとしての戦い方をより深めていく時間になったはずだ。

ケガ人も復帰し、エウベルとマルコス・ジュニオールは復帰。一方で、喜田拓也、宮市亮が新たに負傷。さらに、アンデルソン・ロペスが出場停止で、藤田譲瑠チマはU-21日本代表の活動で不在という状況だ。

それでも、誰が出ても変わらないのがマリノスの強み。しっかりと出た選手たちが結果を残して、首位を守れるかに注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:高丘陽平
DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也
MF:渡辺皓太、マルコス・ジュニオール、岩田智輝
FW:水沼宏太、レオ・セアラ、仲川輝人
監督:ケヴィン・マスカット
出場停止:アンデルソン・ロペス