来季に向けた補強を着々と進めるアーセナルはアヤックスからアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(24)の獲得にも本腰だという。

今夏のアーセナルは初手としてサンパウロのFWマルキーニョスを獲得すると、先日にポルトからMFファビオ・ヴィエイラの加入が合意。前線から中盤にかけて着実に補強を施す。

そして、イギリス『The Athletic』のデイビッド・オーンスタイン記者によると、アーセナルは守備陣の新戦力としてL・マルティネスにプライオリティを置いているという。

身長175cmと小柄なセンターバックだが、左サイドバックやアンカーもこなせ、2021-22シーズンは公式戦36試合に出場。代表でも2019年のデビューから7キャップを誇る。

左足での組み立て能力にも秀でたビルドアップ型の守備者と評され、以前にマンチェスター・ユナイテッドの関心報道も。そうしたなか、アーセナルが獲得に本格始動中のようだ。

アーセナルはすでに移籍金3000万ユーロ(約42億5000万円)のオファーを打診。これはどうやらアヤックスに突っぱねられたようだが、今後もプッシュし続けると推察される。

今夏、レスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスやマンチェスター・シティのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスも狙うアーセナル。積極補強の様相を呈するが、いかに。