去就が注目されているナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(30)だが、セリエAのライバルチームに移籍する意思はないようだ。

深刻な財政難により、主力の放出に直面しているナポリ。契約があと1年で切れるクリバリには、減俸を受け入れてもらうことを前提としたオファーを出しているものの、現状では不透明な状況だ。

そんなセネガル代表DFに対しては、バルセロナを筆頭にパリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられており、さらには同リーグのユベントスも興味を持っていると報じられた。

そんな中、地元紙『Il Mattino』によれば、クリバリはチームメイトや知人らに「ユベントスに行くことはない」と伝えた模様。これはユベントスに限らず、セリエAの他クラブに移籍し、敵になるようなことはしないという意味とも推測できる。

ナポリではFWゴンサロ・イグアインを引き抜かれた過去があり、クラブとしてもファンとしても7年前の二の舞は避けたい思いはあるようだ。