ベルギー代表でコーチを務めるトーマス・フェルマーレン一家の日本への愛は今も心に残っているようだ。

フェルマーレンは現役時代、アヤックス、RKC、アーセナル、バルセロナ、ローマでプレー。2019年7月からはヴィッセル神戸に加入し、そのシーズンにクラブ初の主要タイトルとなる天皇杯優勝に貢献した。

昨季もクラブ最高位となる明治安田生命J1リーグ3位フィニッシュに貢献したが、契約満了により退団。現役を引退し、ベルギー代表のコーチに就任している。

フェルマーレンの妻であるポリー・パーソンズさんが、日本の父の日である6月19日に自身のインスタグラムを更新。「父の日おめでとう」というコメントとともに京都での思い出を投稿した。

写真のフェルマーレンは、ユニフォームではなく袴姿。同じく袴を身に纏った2人の息子と抱き合い、父の顔を見せている。なお、ベルギーの父の日は1週間早く、日本の父の日を意識して日本での写真の投稿となった。

日本を離れて半年になるフェルマーレンだが、この投稿には「また日本に来てください」、「おめでとう」、「まさかの羽織袴」、「素敵」と日本のファンも反応。さらに、神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールも目がハートの笑顔の絵文字を続け、メロメロの様子だ。