川崎フロンターレは20日、「2022リミテッドユニフォーム」を発表した。

18日の時点で、SNS上に「#YUGE」をつけて匂わせる動画を投稿していた川崎F。ファンは「リミテッドユニフォーム」の発表を楽しみにしていた中、20日正式発表された。

ユニフォームのコンセプトは「PUMAのグローバルユニフォームデザインコンセプト 「FORWARD TOGETHER」に基づき、クラブ設立 26(フロ)周年のアニバーサリーイヤーを祝したスペシャルなデザイン」となっている。「風呂上がりには欠かせないコーヒー牛乳からインスピレーションを得たカラーを採用。さらに川崎市の花であるつつじをベースに温泉マークや、ゆ(湯)、26、などで構成されたオリジナルグラフィックを大胆に配置」とのことだ。

また「背面には“風呂”敷で使用される唐草紋様をアレンジしたグラデーションを取り入れ、26周年のアニバーサリーイヤーにふさわしい特別仕様となっています」としている。

遠目には黒に見えたユニフォームだが、濃い茶色に。このユニフォームは8月以降に等々力陸上競技場で開催する3試合、8月7日の横浜F・マリノス戦、13日の京都サンガF.C.戦、27日の鹿島アントラーズ戦で着用予定となっている。

モデルを務めたMF脇坂泰斗は「とても珍しい色でボクはめっちゃ好きです」と投稿。様々なポーズの写真を投稿した。

ユニフォームの販売は「後援会会員先行受付」が6月24日(金)21:00〜6月26日(日)23:59。ここで売り切れた場合は、一般発売はされない。

売り切れなかった場合は一般受付が6月27日(月)21:00〜7月4日(月)1:59となっている。