日本代表MF守田英正(27)のスポルティング・リスボン入りが秒読みのようだ。ポルトガル複数メディアが報じている。

2021年1月に川崎フロンターレからサンタ・クララに加わり、欧州に活躍の舞台を移した守田。2021-22シーズンは初のフルシーズンだったが、公式戦38試合の出場で2得点1アシストを記録した。

ポルトガルに移してから代表でもますます存在感を高めるなか、スポルティングの興味が噂に。守田本人も移籍を口にしたりと今夏の去就が注目され、クラブ間の歩みよりも明らかになっている。

6月の代表活動こそケガの影響で途中離脱を余儀なくされた守田だが、移籍金380万ユーロ(約5億3000万円)の4年契約と報道もより具体化するスポルティング入りに向け、現地入りしたという。

『Record』によると、マスクと帽子姿の守田は20日夜、リスボン空港に姿を現し、記者の問いかけに応じず、その場を後に。『A Bola』によれば、21日にメディカルチェックを受ける模様だ。