リバプールはパリ・サンジェルマン(PSG)のオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(31)を復帰させるつもりはないようだ。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

ワイナルドゥムは2016年夏にリバプールへ加入すると、豊富な運動量と重要な場面での決定力などがユルゲン・クロップ監督に高く評価され、主軸に定着。在籍5年間で公式戦237試合に出場して22ゴール16アシストを記録し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)優勝に多大な貢献を果たした。

しかし、ワイナルドゥムとリバプールの契約交渉は給与面で折り合いがつかず、2020年夏に契約満了で退団。その後、フリーでPSGに加入したが、マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下では主力に定着できず、リーグ・アンでは31試合に出場したものの、先発は18試合にとどまっている。

こうしたクラブでの序列低下が響いてオランダ代表にも招集されなかったワイナルドゥムは、わずか1年でPSGを退団するとも噂されており、今夏にMFオーレリアン・チュアメニの獲得に失敗したリバプールが中盤の層を厚くするため復帰に向けて動き出すとも報じられていた。

しかし、地元紙である『リバプール・エコー』はこうした報道を否定。クラブは2023年夏の中盤補強を計画すると同時に、ベテランの多いチームの若返りも進行中であり、31歳のワイナルドゥム復帰は検討していないようだ。

リバプールは今夏にMFファビオ・カルヴァーリョ(19)、FWダルウィン・ヌニェス(22)、DFカルビン・ラムゼイ(18)を獲得しており、予定外の放出がない限り今夏の補強は終了したと伝えられている。