シント=トロイデンのDF橋岡大樹がキックボクシングに挑戦した。

19日、格闘技イベント「THE MATCH 2022」が開催。中でもRISE王者・那須川天心とK-1王者・武尊の“世紀の一戦”は大きな注目を集めた。

橋岡も戦いの行く末に興味を持っていたようで、20日に自身のインスタグラムを更新。「昨日のTHE MATCH2022本当に盛り上がってましたね!」と綴り、さらに「そして僕は初めてのキックボクシング」と早速自身も格闘技に挑戦した。

流行に飛びついた橋岡だが、「すぐ影響されてる。。だって仕方ないじゃん。カッコいいんだもん。」とハマって理由を告白。「でもやっぱりめちゃめちゃ疲れるし難しい」と感想を綴っている。

それでも、橋岡はシャープな動きからパンチを連打。さらにはサッカー選手ならではの強烈なキックを披露するなど、見事な腕前を披露している。初めてとは思えない動きにはファンも「初めてとは思えないくらいステップワークとか凄いですね!膝蹴りもシャープ!!」、「力強いパンチとキックがいい感じ」、「初めてとは思えないくらいキックが力強いです」と驚きの反応を寄せている。