ディナモ・ザグレブは21日、アタランタからU-21クロアチア代表DFボシュコ・シュタロ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「4」に決定。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。

母国のオシエクでプロキャリアをスタートしたシュタロは、2020年1月にアタランタへ加入。アタランタでは3バックのバックアッパーとして在籍1年半で公式戦16試合に出場し、1ゴールを記録していた。

昨夏にはエラス・ヴェローナに1年間のレンタル移籍で出され、今シーズンはセリエAで24試合に出場していた。

イタリアでは才能の片りんを見せるに留まり、母国復帰となった若手DFだが、国内屈指の名門での活躍によって欧州5大リーグへの再挑戦を期す。