ローマの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)のインテル入りが間近に迫っているようだ。

今シーズン限りでローマとの契約が満了となるムヒタリアンに対して、クラブは契約延長オファーを掲示。だが、チャンピオンズリーグ(CL)でのプレーを希望するベテランMFはその延長オファーを固辞し、同じタイミングでオファーを掲示していたインテル行きを決断したと、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏から伝えられた。

すると22日、イタリアの著名なジャーナリストであるアルフレッド・ペドゥーラ氏がツイッターでムヒタリアンがインテルのメディカルチェックのためにコニ(イタリア国立オリンピック委員会)に到着した動画を投稿。動画にはファンや報道陣に囲まれ、ファンサービスも行いながらメディカルへ向かっていく様子が移されていた。

2019年夏にアーセナルからローマへレンタル加入したムヒタリアンは、その後完全移籍に切り替わり、ここまで3シーズン在籍。公式戦117試合に出場し、29ゴール28アシストを記録。

パウロ・フォンセカ前体制では2列目を主戦場に前線の主軸を担い、ジョゼ・モウリーニョ監督の下ではインサイドハーフや2セントラルMFの一角で、よりゲームメイクに絡み、今シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ制覇にも大きく貢献していた。