ライプツィヒは23日、フランス代表MFクリストファー・エンクンク(24)の契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。

パリ・サンジェルマンの下部組織出身のエンクンクは、2019年夏にライプツィヒに加入。その初年度からブンデスリーガで32試合5ゴール15アシストの成績を残すと、今季は33試合で20ゴール14アシストと大暴れ。ゴールとアシストを足した成績では、バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキ(35ゴール4アシスト)に次いで2番目の数字を記録した。

この活躍に古巣のPSGやマンチェスター・ユナイテッドが関心を示していた中、2024年夏までだった契約を2年延長。伝えられるところによれば、2023年夏から有効となる6000万ユーロ(約85億4000万円)から6500万ユーロ(約92億5000万円)の契約解除条項も付随しているようだ。

エンクンクは契約延長に際し、自身は4ゴール3アシストで優勝に貢献したDFBポカールを引き合いにし、さらなる成功を掴み取りたいと意気込みを語った。

「ライプツィヒのユニフォームを着続けることができて嬉しいよ。DFBポカールの優勝も素晴らしかったけど、僕の物語はここで終わりじゃないことは明らかだった。もっと成功したいんだ!」