ボルシアMGは23日、スロバキア代表MFラズロ・ベネス(24)が2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)のハンブルガーSV(HSV)へ完全移籍したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までとなる。

2016年の夏に母国スロバキアのジリナから完全移籍でボルシアMGに加入したベネスは、卓越したテクニックと創造性を併せ持つ“ハムシク2世”と評される攻撃的MF。加入後は足の骨折などケガに悩まされたが、2019年1月にレンタル移籍した2.ブンデスリーガのホルシュタイン・キールで結果を残すと、同年夏にボルシアMGに復帰。

復帰初年度の2019-20シーズンはブンデスリーガ22試合に出場したが、昨シーズンは足首のケガで出遅れると、2021年冬にアウグスブルクへレンタル。今シーズンも最期まで定位置を掴むことができず、公式戦14試合に出場にとどまっていた。