シェフィールド・ユナイテッドに所属するイングランド人FWリアン・ブリュースター(22)と、スコットランド代表FWオリヴァー・マクバーニー(26)の2選手が暴行容疑で起訴された。

今回の暴行容疑は、5月17日に行われたチャンピオンシップ(イングランド2部)の昇格プレーオフ準決勝、4位ノッティンガム・フォレストvs5位シェフィールド・ユナイテッドの一戦後に起きた事件によるものだ。

ホーム&アウェイ方式で行われた中、2戦合計スコアは3-3。PK戦にもつれ込む熱戦は、最終的にノッティンガム・フォレストが勝利。

ただ、この試合後にはエキサイトしたノッティンガム・フォレストのファンがピッチに乱入。その際、シェフィールド・ユナイテッドのキャプテンであるFWビリー・シャープがファンによる暴行を受け、後にノッティンガム・フォレストのシーズンチケットホルダーである30歳の男性が逮捕される事件も発生していた。

そういった混乱のさなか、両選手に関してはピッチに乱入した相手ファンに対する暴行の可能性が取り沙汰され、とりわけマクバーニーに関してはSNS上に相手ファンを踏みつけている様子を映した動画も投稿されていた。

そして、地元ノッティンガムシャー警察は23日、「リアン・ブリュースターとオリー・マクバーニーは、2022年5月17日にシティグラウンドでの試合終了時の混乱に関連した一般的な暴行で起訴される予定だ」と、両選手が起訴されたことを明かした。

なお、2選手は7月28日にノッティンガム判事裁判所に出廷する予定だという。

一方、所属する2選手の起訴を受け、シェフィールド・ユナイテッドは公式声明を発表。両選手が暴行を否定していることを明かすと共に、今回の起訴に対する憤りを示した。

「シェフィールド・ユナイテッドは、先月のノッティンガム・フォレストとのEFLチャンピオンシップのプレーオフ準決勝第2戦で起こった事件を受け、リアン・ブリュースターとオリー・マクバーニーが起訴されたことを知ろ、失望している」

「両方のプレーヤーは、試合終了を告げるの笛に続く混乱の中での攻撃の犠牲者であるチームメイトのビリー・シャープの状況を確認していたことで、ノッティンガムシャー警察の聴取に自発的に従事した」

「ブリュースターとマクバーニーは、自分たちに対する起訴内容に関して強く否定している。そして、彼らと監督のポール・ヘッキングボトムは、先月、クリスタル・パレスを含む多くのピッチ侵入に続き、リーグマネージャー協会、プロサッカー選手協会、EFL、FAに対して手紙を書いた」

「さらに、プレーヤーとスタッフをよりよく守るために、主要な関係者と話し合いを続けている」