【明治安田生命J1リーグ第18節】
2022年6月26日(日)
18:00キックオフ
名古屋グランパス(10位/20pt) vs 鹿島アントラーズ(3位/33pt)
[豊田スタジアム]

◆不安定な戦い、手痛い1敗から立ち直れるか【名古屋グランパス】

前半戦を終えてチームは10位と中位に位置。しかし、後半の戦い方次第では、上位にも下位にも行く可能性がある状況だ。

前半戦は安定しない戦いを見せた中、最後に連敗。シーズン初の連敗で折り返し、さらに低迷する浦和に3-0で完敗を喫するなど、チームとして不安な材料が並んでいる。

無得点どころかチャンスもほとんどなく、守備も崩壊。セットプレーから2失点だけでなく、完璧に崩されて流れの中からも失点した。

天皇杯ではJ2のツエーゲン金沢に1-0。スコア以上のチャンスを作ったことを考えると、満足行く結果とは到底言えず、結局のところ決定力不足という課題は一向に改善されない状況だ。

ここからの残りシーズンをどう戦うのか。不安定さを払拭しなければ、残留争いに巻き込まれる可能性も大だ。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:武田洋平
DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市
MF:森下龍矢、レオ・シルバ、相馬勇紀
MF:稲垣祥、仙頭啓矢
FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗
監督:長谷川健太

◆優勝に向け白星発進を【鹿島アントラーズ】

前半戦を終えた段階で首位と勝ち点差1の2位。近年では最も良い成績でシーズンを折り返した。

ホームで京都サンガF.C.を打ち破った中、試合後には悲劇が。運営スタッフの2人が信号付きの横断歩道を渡りながらも交通事故で他界。残念すぎるニュースに、改めてチームを支えてくれる人々への気持ちが高まったはずだ。

ミッドウィークの天皇杯は主軸と控え組を合わせたメンバーで臨み、J2の大宮アルディージャを圧倒。全く寄せ付けることなく3-0で快勝し、鈴木優磨、上田綺世もゴールで共演した。

ここからの後半戦、首位の横浜F・マリノスは勝利したが、3位の川崎フロンターレは引き分けで勝ち点1止まり。首位についていくためにも必勝だ。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:クォン・スンテ
DF:常本佳吾、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝
MF:ディエゴ・ピトゥカ
MF:和泉竜司、樋口雄太、アルトゥール・カイキ
FW:上田綺世、鈴木優磨
監督:レネ・ヴァイラー