【明治安田生命J1リーグ第18節】
2022年6月26日(日)
19:00キックオフ
サガン鳥栖(8位/24pt) vs FC東京(7位/25pt)
[駅前不動産スタジアム]

◆守備でハメることがでるか【サガン鳥栖】

前半戦を終えてわずかに3敗の鳥栖。しかし、勝ち切れない試合が多く引き分けが9と勝ち点を思うように伸ばせない戦いが続いた。

それでも8位につけており、後半戦も継続して戦っていくことが重要になる。

攻撃面のテコ入れにでた川井健太監督は、4バックを採用。攻撃面に変化は見られたが、守備で思わぬミスが起きて3失点で敗れた。

アグレッシブに相手を圧倒していき押し込んでいくスタイルだが、プレスがハマらなければ苦しい戦いを強いられることに。今節の相手はそこが最も難しいFC東京だ。

相手のポジショナルプレーに対してどうハメに行くか。相手を上回ることを互いに仕掛けた時に上回れるかが重要だ。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:朴一圭
DF:島川俊郎ファン・ソッコ、ジエゴ
MF:原田亘、福田晃斗、小泉慶、岩崎悠人
MF:堀米勇輝、小野裕二
FW:宮代大聖
監督:川井健太
出場停止:田代雅也

◆勝利で送り出せるか【FC東京】

前節は前半戦ラストマッチで湘南ベルマーレと対戦したが2-0で敗戦。成す術なく敗れた惨敗だった。

さらにミッドウィークには天皇杯でJ2のV・ファーレン長崎と対戦したが、延長にもつれるまさかの展開に。さらにクリスティアーノにゴールを許し、敗退となった。

この2試合の敗れ方は非常に良くなく、後半戦に向けて不安が残るところだ。

今節はDF小川諒也のラストマッチ。ポルトガルに渡る前の最後の試合だが、気持ちよく送り出したいところ。鳥栖とも勝ち点差は「1」だけに負けるわけにいかず、アルベル監督の下で積み上げたサッカーをしっかりと見せられるかに注目だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:ヤクブ・スウォビィク
DF:長友佑都、木本恭生、森重真人、小川諒也
MF:安部柊斗、青木拓矢、松木玖生
FW:永井謙佑、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン
監督:アルベル