東京ヴェルディは27日、前日にアウェイで行われたジェフユナイテッド千葉戦における同クラブサポーターによる違反行為が認められたと報告した。

東京Vの発表によると、26日に行われた2022明治安田生命J2リーグ、第23節の千葉戦において、アウェイサポーター席(東京Vを応援するエリア)で、観戦者によるJリーグ試合運営管理規程違反にあたる行為が確認されたという。

クラブは今回の違反行為を受け、当事者2名に対して下記の処分を科したことを報告した。

■違反行為と処分内容
対象者1
違反行為:フィールドへのペットボトルの投げ込み行為。
処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節、第25節、第26節、第27節への入場禁止。

対象者2
違反行為:ペットボトルの中身をスタンドからフィールドへ撒く行為。
処分内容:東京ヴェルディが出場する2022明治安田生命J2リーグ第24節への入場禁止。

また、東京Vは当日、試合観戦した人々、運営主管である千葉に対する謝罪と共に、違反行為に対して「決して許されるものではありません」と断固たる反対姿勢を示した。

「クラブとしては今回の違反行為を重く受け止め、当事者に対して下記の処分としましたのでお知らせいたします。当日、ご観戦をされたみなさま、運営主管であるジェフユナイテッド千葉様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」

「審判、ルール、選手、観客、全ての関係者に対する尊重がある中で、全力を尽くして愉しむことがスポーツの本質です。試合実施時におけるJリーグ安全理念に反する行為は、決して許されるものではありません」

「試合運営管理規程は、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、改めて遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」

なお、城福浩新体制で川崎フロンターレを天皇杯で撃破するなど、公式戦2連勝中だった東京Vだが、この千葉戦ではセットプレーの3失点によって1-3のスコアで今季初黒星を喫していた。

同試合では主審による幾つかの微妙な判定、千葉GK新井章太の試合終盤の退場の場面などで、声出しが禁止されている中、アウェイサポーター席からブーイングや罵声があり、運営スタッフが声出し禁止を注意喚起するプラカードも掲げられていた。