ミランがパリ・サンジェルマン(PSG)のセネガル代表DFアブドゥ・ディアロ(26)獲得に関心を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。

今シーズン11年ぶりのスクデットを獲得したミランは、王座維持とチャンピオンズリーグ(CL)での躍進を目指し、戦力強化を図る。主将のDFアレッシオ・ロマニョーリが契約満了で退団が見込まれているセンターバックは補強ポイントの一つだ。

当初、ミランはリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)に狙いを定め、選手本人もミラノ行きを希望していたが、移籍金を巡ってクラブ間の交渉が難航。その隙に約3000万ポンド(約50億円)の移籍金を提示したニューカッスルがクラブ間合意に漕ぎつけ、争奪戦に敗れることとなった。

将来有望な若手センターバックを逃したミランだが、すでに代替案としてディアロの獲得に目を向けているようだ。2019年夏にドルトムントからPSGに加入したディアロだが、DFマルキーニョスやDFプレスネル・キンペンベを序列で上回ることはできず出場機会が減少。今季も公式戦16試合の出場にとどまっており、PSGは今夏の売却を望んでいる。

ミランは今年1月にもディアロ獲得を検討するなど同選手を高く評価しているが、現在PSGで受け取っている給料は非常に高額なため、獲得実現のためには選手が減俸を了承する必要があるという。

また、ミランはディアロのほか、レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)にも関心を示しており、センターバック確保に向けて積極的な姿勢を見せている。