フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が束の間のオフを満喫している。

鎌田は今シーズン、フランクフルトで公式戦46試合に出場し9ゴール4アシストをマーク。5ゴールを挙げたヨーロッパリーグ(EL)ではチームを優勝にも大きく貢献した。

クラブでのシーズンを終えた直後には、日本代表の一員として6月の親善試合にも参加し、3試合に出場していた。

ようやくのオフを迎えた鎌田は、自身のインスタグラムで家族との休暇の様子もアップしていたが、27日にもインスタグラムを更新。鎌田が訪れたのは日本の象徴・富士山だった。

鎌田は、青空にそびえる霊峰富士をバックに、パーカーのフードを被りながらピース。絶景やその存在感を楽しんだようだ。その光景にはファンからも思わず「絶景ですね!」、「いい写」、「綺麗な写真ですね」、「めちゃくちゃ良い写真!!!」といった言葉が寄せられている。

フランクフルトは28日から新シーズンの活動を開始。鎌田には移籍の可能性も取り沙汰されている状況だが、直に合流となりそうだ。