ミランがボローニャのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(22)に関心を寄せているようだ。

テアテは2021-22シーズンからボローニャでプレーする左利きのセンターバック。186cmの体躯に強靭なフィジカルを有しており、時折、最終ラインから大胆不敵なドリブルで攻撃参加に加わるなど、セリエA1年目ながら優れたメンタリティを発揮し、にわかに注目を浴びる存在となっていた。

イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ミランがテアテに興味を抱く背景としては、センターバック補強のトップターゲットだったリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の確保に失敗したことが挙げられるようだ。現時点でボトマンはニューカッスル行きが確実視されており、ミランはとうとう争奪戦から撤退を決めたとみられている。

ただ、テアテに関してもボローニャ側に手放すつもりがないとされる。オーステンデからレンタル中の同選手は、7月1日付けで完全移籍に切り替わる予定となっており、シニシャ・ミハイロビッチ監督ら首脳陣は、新シーズン以降のプロジェクトの中心選手として22歳のベルギー代表DFを据える思惑のようだ。

また、『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、選手本人も今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー選出が現実的となってきたことから、出場機会が減少する公算の高いステップアップによって、カタール行きを逃したくないと考えているようだ。

11年ぶりのスクデット獲得に沸くミラン。しかし、今夏の補強は思い通りに進んでいない。ボトマンと同じくリール所属のポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)も相思相愛の関係と目されながら、パリ・サンジェルマン(PSG)とユベントスが介入。こちらも代役の選定を急いでいるとみられている。