ビジャレアルのオランダ代表FWアルノー・ダンジュマがリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグを欠場した悔しさを振り返った。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

ビジャレアルが14年ぶりのCL準決勝進出と躍進した今季、自身も公式戦34試合に出場して16ゴール4アシストと活躍したダンジュマ。しかし、アンフィールドで行われたリバプールとの準決勝1stレグで足首を負傷したことで、ホームでの2ndレグ欠場を余儀なくされた。

さらに、エースのFWジェラール・モレノも負傷明けの強行出場と満身創痍のチーム状態で、リバプール相手に一時は2点をリードする意地を見せたが、最終的に2-3で敗れ、2戦合計スコア2-5でベスト4敗退となった。

イギリスのポッドキャスト『Freshly Grounded』に出演したダンジュマは当時を振り返り、無念の想いを吐露。復帰のためにできる限りのことをしたものの、間に合わなかったと悔やんだ。

「リバプールとのCL準決勝に出られないなんて、僕にとってこれ以上悪いことはなかったと思う。(CL準々決勝の)バイエルン戦後から、ふくらはぎに小さな張りを抱えてプレーしていたんだ」

「そこからは回復するためにできる限りのことをしたよ。トレーニングやマッサージ、毎日できることすべてをね。CLはクラブ、チームメイト、監督、僕自身、友人、家族にとって大切な大会だ。だから、本当にケガのタイミングが悪かった」

「アンフィールドでのリバプールとの対戦ではふくらはぎの張りを克服して試合に臨めたと思う。でも、今度は足首に悪い影響が出てしまった」

「それから、ケガが少し悪化してしまった。リバプールとの2ndレグに向けて、再びできることはすべてやったよ。試合前のトレーニングでも、みんながそれを見ていたと思う。僕は監督に『僕はすべてを試しました』と言ったんだ。すると、彼は『君がすべて試したのはわかっている』と言ってくれた」

「欠場の決断を下すのは大変だった。決断というと大げさに聞こえるかもしれないね。でも、僕はいつだって限界まで挑戦する人間なんだ」