マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンのドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(26)への関心を強めているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。

エリク・テン・ハグ新監督の下、捲土重来のシーズンに臨むユナイテッド。しかし、チェルシーを除くライバルクラブが積極的に補強を進めている中、ここまで1人の新戦力も獲得できていない。

ここ最近では指揮官の古巣であるアヤックスのブラジル代表FWアントニー(22)獲得に力を注いできたが、7000万〜8000万ユーロ(約100億〜114億8000万円)と言われる高額な移籍金を要求する相手方の徹底抗戦に遭い、完全に交渉が停滞している。

これを受け、ユナイテッドはより安価な金額で獲得可能なプランBとしてニャブリへの関心を強めているようだ。

2018-19シーズン以降、バイエルンの主力に定着し、ここまで4度のブンデスリーガ制覇、チャンピオンズリーグ、FIFAクラブ・ワールドカップなど多くのタイトル獲得に貢献してきたニャブリ。

バイエルンとの現行契約が2023年までとなっている中、両者はこれまで幾度となく延長交渉を行ってきたが、フランス代表FWキングスレー・コマンや、ドイツ代表FWレロイ・サネと同等のサラリーアップを求める選手サイドの要求をクラブが拒否しており、今夏、あるいは来夏のフリートランスファーでの退団が既定路線となっている。

古巣アーセナルやチェルシー、レアル・マドリーなども関心を示す26歳に関しては、4000万ポンド(約66億3000万円)程度のプライスタグが付けられているようだ。

ユナイテッドはあくまでアントニーをトップターゲットに定めているが、このまま交渉が難航する場合はより安価で、即戦力となり得るニャブリ獲得に動く可能性もありそうだ。