インテルへの移籍が発表されたベルギー代表FWロメル・ルカクが古巣復帰への思いを語った。クラブ公式サイトが伝えた。

昨夏インテルから1億1500万ユーロ(約164億円)で古巣であるチェルシーに復帰したルカク。セリエAで飛躍し、チームをスクデット獲得に導いた得点力が期待された。

しかし、2021-22シーズンは公式戦44試合で15ゴール2アシスト。プレミアリーグでは26試合で8ゴール1アシストと、その金額に見合った活躍は全くできず、ファンからも攻撃を受ける対象となっていた。

また、シーズン中にも古巣インテルへの思いを口にするなど、チームへのリスペクトを欠いた発言が問題視され、ファンから愛されない状況に。その中で、レンタルという形で古巣への復帰を果たした。

ただ、インテルファンも1年前に出て行ったルカクへは懐疑的な目を向けているなど、必ずしも歓迎されているとは言えない状況。その中、ルカクがインテルへの思いを口にした。

「強い思いがある。1年前にこのチームで経験したことは良い話だった。チームにとっても、ファンにとっても、そして僕自身にとってもね」

「インテルは僕にたくさんのことを与えてくれた。今こそ、前よりも上手くやることを望んでいるし、一緒に働く時だと思う」

移籍が決まるまでは長い時間を要し、スティーブン・チャン会長とも多くを話したというルカク。インテルに戻れないことも考えたという。

「僕たちは多くのことを話した。僕がここに戻ることは不可能に思えた。でもそれを成し遂げた」

「可能だと信じ続けてくれた彼にも感謝しなければいけない。結果、僕はうまく行ったし、幸せだ」

インテルへの復帰については「家に帰るようなもの」とコメント。「ミラノでは、人々やファン、チームメイトのおかげで、僕も家族も本当に楽しい時間を過ごすことができた。最初に来た時から、みんなに助けてもらえて本当に幸せだった」と語り、「イギリスへ行った時も家からは出なかった。だから、ここに戻れたことがいかに嬉しいことかを物語っている。今はただビッチに戻る選手たちを見たい」とコメント。チェルシーでの1年は良い思いがなかったと語った。

また、移籍の理由についても「ファンとチームメイトの愛情だけでなく、監督と一緒に仕事をすることもそうだ」と語り、「昨シーズンはずっと彼と連絡を取り合っていた」と、シモーネ・インザーギ監督とはチェルシー時代も頻繁に連絡を取っていたことを明かした。その中で「監督はチームとうまくやっていると思う。僕も貢献して、チームのために良い結果を残したい」と語った。