フランス代表DFクレマン・ラングレ(27)の移籍に関して、バルセロナとトッテナムが合意に至ったようだ。イギリス『90min』が報じている。

今夏の移籍市場で積極的な動きを見せるトッテナム。ここまでクロアチア代表MFイバン・ペリシッチとイングランド代表GKフレイザー・フォースターをフリートランスファーで、マリ代表MFイヴ・ビスマをおよそ3000万ポンド(約49億7000万円)の移籍金で獲得している。

各ポジションに満遍なく戦力を加えているが、現在注力しているのはセンターバックの補強だ。元々、ビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスや、ライプツィヒのクロアチア代表DFヨシュコ・グヴァルディオル、アントニオ・コンテ監督の古巣であるインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニらもターゲットとしていたが、交渉が難航し、ラングレにシフト。ここ数週間で話し合いが行われていた。

そして、『90min』によると、両クラブは買い取りオプションが付いた1年のレンタルで合意。バルセロナで放出候補となっていたフランス代表DFには、マルセイユやローマも獲得に乗り出していたようだ。