バルセロナのサポーターたちは今なおレジェンドの復帰を望んでいるようだ。

バルセロナは27日、2022-23シーズンのアウェイユニフォームを発表。今から30年前の1992年に開催されたバルセロナ・オリンピックをコンセプトに、金メダルをイメージしたゴールドがベースになったデザインを発表していた。

SNSでも新ユニフォームにまつわる投稿を多くしているバルセロナだが、現在はヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの合成写真を投稿した。

バルセロナは公式アカウントで「イニエスタは新しいユニフォームが似合いそうだ。金色のシャツはイニエスタに似合っていたはず」と写真をアップ。バルセロナ時代のイニエスタが新ユニフォームを着ているよう見えるものを投稿した。

すると、ファンからは「レジェンド」、「彼だけじゃなくメッシにも似合いそうだ」、「このユニフォームが気に入っている!」、「会いたいよ」、「戻ってきてくれ」といった言葉が寄せられている。

2018年に神戸に加入し日本にやってきたイニエスタだが、それまではバルセロナで16シーズンもの間プレ。公式戦600試合以上に出場し、8度のラ・リーガ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、トータルで31個のタイトル獲得に貢献していた。