日本サッカー協会(JFA)の審判委員会は1日、競技規則の周知を目的としたレフェリーブリーフィングを開催した。

ブリーフィングの冒頭、扇谷健司審判委員長が審判員への誹謗中傷に関してコメント。遺憾の意を示した。

扇谷委員長は、6月18日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節の柏レイソルvsヴィッセル神戸の一戦の事象に触れた。

神戸の三木谷浩史会長もSNSで言及していたが、前半41分に神戸のDF菊池流帆が柏のMF戸嶋祥郎とボックス内で接触。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入があり、柏がPKが与えられていた。

この判定を下した佐藤隆治主審に対して、SNSではファン・サポーターが中傷する投稿をしていた中、扇谷委員長は改めてジャッジに対して「正しかった」とし、審判員への誹謗中傷を止めることが大事だとした。

「我々としては正しいジャッジだと思っています。SNS等で色々な書き込み、誹謗中傷があったことは容認できません」

「ジャッジがあっていたか間違っていたかに関係なく、認められるものではない。審判委員会として審判を守っていくという点で、こういうことはあってはいけないと思っています」

「書き込みを見ることで、該当する本人もそうですが、審判員を目指す人が少なくなってしまうという危険性もあると認識しています」

「もちろん、まだまだ色々なことで上手くいかないことはあると思っていますが、リスペクトを持ってやっていただければと思っています。改めて、あの判定は我々はしっかり正しい判定だったと思っています」

ファンとしてはビデオでチェックしているにも関わらずというところはあるかもしれないが、審判はそれでも競技規則に則ってジャッジをしている。間違いがあるかもしれないが、誹謗中傷となる行為は避けなければいけない。