【明治安田生命J1リーグ第19節】
2022年7月2日(土)
19:00キックオフ
湘南ベルマーレ(16位/19pt) vs 名古屋グランパス(11位/21pt)
[レモンガススタジアム平塚]

◆まずは降格圏脱出へ【湘南ベルマーレ】

前節は京都サンガF.C.とアウェイで対戦し、0-1で勝利。後半戦初戦を白星スタートを切るとともに、今季2度目の連勝を飾った。

直近5試合で4勝1敗と一気に勝ち点を稼いだ湘南。まだプレーオフ圏にいるが、ここから一気にジャンプアップするだけの準備は整った。

この4勝を呼び込んだのは町野修斗。4試合で6ゴールを奪う活躍を見せており、チームの起爆剤となっている。

決して巧いタイプの選手ではないが、訪れたチャンスをしっかりとモノにする力を持っており、かつてギラヴァンツ北九州時代に見せていた特徴を発揮し出している。

チャンスの数が多いとは言えない中で、決定率を上げることは大きなポイント。今節も町野の躍動に期待がかかる。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:谷晃生
DF:舘幸希、大岩一貴、杉岡大暉
MF:石原広教、田中聡、畑大雅
MF:池田昌生、茨田陽生
FW:瀬川祐輔、町野修斗
監督:山口智
出場停止:米本拓司

◆不安定さ拭えず、必勝の一戦【名古屋グランパス】

前節は上位の鹿島アントラーズをホームに迎えた中、1-1のドローに終わった。

なかなか調子が出ないチームは新たにストライカーを補強。まだ出場はできないが、得点力が明らかに課題のチームの起爆剤になるかは今後の注目だ。

そこまで良い流れを作りたいなか、今節は森下龍矢が出場停止。名古屋の特徴であるサイド攻撃の右翼を欠いてしまうこととなった。

縦に仕掛けられる選手がいないだけに、今節は左変調になる可能性もある状況。その中で、チームが混乱しなければ良い。

湘南のアグレッシブさを前に押し込まれれば一気にやられる可能性もあり、負ければ順位は抜かれる状況。負けてはいけない一戦だ。

★予想スタメン[3-3-2-2]
GK:武田洋平
DF:中谷進之介、藤井陽也、丸山祐市
MF:内田宅哉、レオ・シルバ、相馬勇紀
MF:稲垣祥、仙頭啓矢
FW:マテウス・カストロ、柿谷曜一朗
監督:長谷川健太
出場停止:森下龍矢