PSVは2日、セビージャのオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。移籍金はスペイン『ムンド・デポルティボ』によれば400万ユーロ(約5億6000万円)とのことだ。

トゥベンテやボルシアMGで活躍後、2014年7月にPSVに加入したL・デ・ヨング。2019年7月にセビージャへ加入するまでの5年間、PSVで公式戦204試合に出場して112ゴール56アシストと圧巻のスタッツを残していた。

PSVでの活躍を受けて加入したセビージャでは公式戦94試合に出場して19ゴール5アシストとインパクトを残しきれず。

2021-22シーズンはバルセロナにレンタルで加入し、公式戦29試合の出場で7ゴールを挙げたが、買い取りオプションは行使されずセビージャへ復帰する形となっていた。