今シーズン2度目の国立競技場での開催となった明治安田生命J1リーグ。清水エスパルスのクラブ創設30周年記念マッチとして開催された。

試合は横浜F・マリノスと対戦し、オリジナル10の対決で注目も集めた中、点の取り合いとなり3-5で横浜FMが勝利。横浜FMは記念すべき初勝利を挙げた国立競技場で、J1通算500勝を達成していた。

大きな盛り上がりを見せたこの試合だが、ピッチ外では意外な人物が賑わせていたのだ。

それはマジョルカに所属するMFダニ・ロドリゲスだった。

2018年7月からマジョルカでプレーするダニ・ロドリゲス。今夏は、メインスポンサー契約を結んだ『タイカ』の発表に際して来日。先日は記者会見に出席していた。

そのダニ・ロドリゲスは日本に滞在していたようで、清水vs横浜FMが行われる国立競技場に登場。すると、これに気がついた両チームのファンが囲み、ダニ・ロドリゲスも写真撮影に快く応じていた。

マジョルカは公式インスタグラムでその様子の動画をアップ。また、ダニ・ロドリゲスは自身のインスタグラムで「すごかった!アリガトウゴザイマス」と投稿し、日本のファンの歓迎を楽しんだようだ。

マジョルカはかつては大久保嘉人、MF家長昭博(川崎フロンターレ)が所属し、近年は日本代表MF久保建英がレアル・マドリーから2度レンタル移籍でプレーしており、日本人には馴染み深いクラブとなっている。