マンチェスター・ユナイテッドはフェイエノールトのオランダ代表DFティレル・マラシア(22)獲得が目前に近づいているようだ。

マラシアはフェイエノールト下部組織出身の左サイドバック。昨季は公式戦50試合に出場したほか、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では決勝戦進出に貢献するなど飛躍の1年となった。

エールディビジでは、最高の左サイドバックの1人と称されるようになり、今夏はユナイテッド以外にもリヨン行きの可能性が伝えられていた。

イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは移籍金1300万ポンド(約21億3000万円)に、170万ポンド(約2億8000万円)のアドオンを含めた金額でフェイエノールトと合意済みとされており、マラシアは4日にメディカルチェックを受診するためにマンチェスター入りしたとのこと。合格すれば、正式契約を締結するものと見られている。