Jリーグは4日、最新の出場停止選手情報を発表した。

今回は8名が新たに出場停止処分を受けることに。6試合の出場停止処分中の横浜F・マリノスFWアンデルソン・ロペスはこれが最後の出場停止試合となる。

J1では北海道コンサドーレ札幌のGK菅野孝憲が出場停止に。京都サンガF.C.戦で、ボックスを飛び出してボールを処理した際、入れ替わられたピーター・ウタカの体を掴んでプレーをさせなかった行為で一発退場となっていた。

この退場についてJリーグは「自陣ペナルティーエリア外でゴールへ向かっている相手競技者の腰付近を両手で抑え、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当する」と判断したとのことだ。

またJ2では珍しく監督が出場停止に。FC町田ゼルビアのランコ・ポポヴィッチ監督が次節出場停止となる。なお、退席処分ではなく、4枚のイエローカードの累積での出場停止という監督としては珍しい状況となった。

J3では5名が出場停止に。Y.S.C.C.横浜のMF古宿理久とAC長野パルセイロのMF東浩史は2枚のイエローカードで退場処分となっていた。また、ガイナーレ鳥取のGK糸原紘史郎は、DOGSOで一発退場。Jリーグは「自陣ペナルティーエリア外でゴールへ向かっている相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」としていた。

【明治安田生命J1リーグ】
GK 菅野孝憲(北海道コンサドーレ札幌)
第20節 vsFC東京(7/6)
今回の停止:1試合停止

FW アンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス)
第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6)
今回の停止:6試合停止(6/6)

【明治安田生命J2リーグ】
MF 奥村晃司(ザスパクサツ群馬)
第25節 vsツエーゲン金沢(7/6)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

監督 ランコ・ポポヴィッチ(FC町田ゼルビア)
第25節 vs水戸ホーリーホック(7/6)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

【明治安田生命J3リーグ】
MF 古宿理久(Y.S.C.C.横浜)
第16節 vsヴァンラーレ八戸(7/9)
今回の停止:1試合停止

MF 東浩史(AC長野パルセイロ)
第16節 vsFC今治(7/10)
今回の停止:1試合停止

DF 川島將(藤枝MYFC)
第16節 vsSC相模原(7/9)
今回の停止:警告の累積による1試合停止

GK 糸原紘史郎(ガイナーレ鳥取)
第16節 vsギラヴァンツ北九州(7/9)
今回の停止:1試合停止

FW インディオ(FC今治)
第16節 vsAC長野パルセイロ(7/10)
今回の停止:警告の累積による1試合停止