ローマに加入した元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)が、ジョゼ・モウリーニョ監督への信頼を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団したマティッチ。ラツィオやフルアムなど複数クラブの関心があるなか、恩師であるモウリーニョ監督率いるローマへの加入が決定した。

4日に開かれた入団会見では、ゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏が「彼がこの選択をしてくれて非常に嬉しい。我々のプロジェクト、進歩における素晴らしい兆候だ」と語るなど、高い期待がかけられている。

会見に出席したマティッチもローマでプレーする期待感を口にしつつ、チェルシー、ユナイテッドで共に仕事をしてきたモウリーニョ監督への信頼を強調。指揮官の戦術は熟知しており、すぐにフィットできるはずだと自信を示した。

「またジョゼと一緒に仕事ができてとても嬉しいね。彼は僕がローマを選んだ理由の一つだ。ジョゼの下でプレーした試合数で、僕より上はフランク・ランパードだけだから、彼の記録を破りたい」

「ジョゼとは以前から良い関係を築いていて、連絡も取り合っていた。ただ、(ローマへの誘いがあったのは)ほんの数カ月前だ。フットボールでは次の数カ月で何が起こるかわからず、僕らにはそれを知るだけの経験があった」

「数カ月前に話した際、彼は僕をチームに迎えたいと言ってきた。そして、それはもちろん僕の決断に影響を与えたよ。彼とローマは僕にとって完璧なつながりであり、彼の野心と僕の野心、そしてクラブの野心は同じ方向に進んでいた」

「同じ野心を持っていたから、交渉はとても早かったよ。(優勝した)ヨーロッパ・カンファレンスリーグ決勝の結果は、僕の去就に影響しなかったんだ。僕はすでにローマに来ることを決めていたからね。一度頭の中で決めたことを変えるのは不可能さ」

「ジョゼとの経験から、彼がチームにいる選手次第でシステムを変えることは理解している。僕自身は、中盤3枚でも2枚でもプレーしてきたから、適応はしやすいよ。もちろん、ベストを尽くしたい。僕の役割は監督がどんなプレーをしたいかにより、その指示に従う」

また、マティッチはローマのチームメイトについても言及。主将であるロレンツォ・ペッレグリーニを高く評価しており、共演を待ち望んでいる。

「もちろん、ローマの選手についてはほとんど知っている。試合も見ていたからね。そのなかでもペッレグリーニはベストの一人であり、もっとも重要な存在なのは確かだと思う。彼は素晴らしい選手であり、ピッチ上で僕たちは素晴らしい関係を築けるだろう。もちろん、明日から始まるトレーニングでそれを証明しなければならない。でも、僕は間違いなく選手として彼が好きだよ」