浦和レッズは5日、2日に行われた明治安田生命J1リーグ第19節のガンバ大阪戦での事象について説明した。

パナソニック スタジアム 吹田で行われたこの試合。1-1の引き分けに終わった中、Jリーグが進める「声出し応援」の検証試合の対象試合ではなかったものの、浦和のサポーターがチャントやブーイングなど、声出し行為を行っており、大きな問題となっていた。

Jリーグの野々村芳和チェアマンも「残念としか言いようが無い」とコメントするなどし、規制緩和に向けて動いている最中でのルール違反を非難した。

そんな中、浦和はクラブを通じて声明を発表。「声を出しての応援行為が確認された」とし、裏切り行為であると認めた。

「2022年7月2日(土)にパナソニック スタジアム 吹田にて行われました、明治安田生命J1リーグ 第19節 ガンバ大阪戦において、浦和レッズサポーターによる、声を出しての応援行為が確認されました」

「この行為は、飛沫感染につながる可能性があるという理由から「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」内で禁止されており、新型コロナウイルス感染拡大を防ぎながら公式戦の試合運営を円滑に行うことにより、愛するチーム・選手を鼓舞する声を再びスタジアムに取り戻したいと願う、Jリーグに関わるすべての皆さまのこれまでの努力と気持ちを裏切る行為であると認識しております」

「浦和レッズとして、「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」に基づいた試合運営業務を遂行することができなかった事実につきまして、心よりお詫び申し上げます」

「今後につきましては、下記の再発防止策を実行し、試合運営に努めてまいります」

また、再発防止策についても発表し、周知徹底の他、違反者への適時適切且つ毅然とした対応をしていくとした。

【再発防止策】
(1)事前周知
・「Jリーグ新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」の周知徹底
・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施
・サポーターグループとの直接的なコミュニケーションの実施
(2)試合当日
・オフィシャルサイトやSNS等を通じた啓発情報発信の継続実施
・ホームゲーム時のスタジアムオーロラビジョンでの啓発情報発信の強化
・違反行為への適時適切且つ毅然とした対応(即時退場を含む)