カルタヘナの元日本代表FW岡崎慎司がドイツの古巣クラブを往訪。今後の活動に期待を抱かせた。

2011年1月に清水エスパルスからシュツットガルトへ加わり、マインツやレスター・シティなどを経て現在はスペインでの4季目を迎える岡崎。帰国中には地元・兵庫県にて、なでしこジャパンのMF中島依美らとトレーニングも行っていた。

日本を発った岡崎はドイツのラインラント=プファルツ州にも足を運んだ様子。マインツ時代の恩師、当時スポーツ・ダイレクター(SD)を務めていたクリスティアン・ハイデル氏と再会し、スタジアムにて記念撮影を行った岡崎は自身のツイッターで次のようなメッセージを残した。

「画像はシュツットガルトで苦戦してる時に自分を移籍金を払って獲得してくれたハイデルと。マインツの街やクラブ、ファンには感謝もあるし、今後も一緒に何かしたいと話しました。育成や地域密着のクラブとしてドイツでもトップのマインツと繋がる事でヨーロッパと日本の距離を縮めたい」

マインツの街と岡崎の関りは深く、滝川第二高校の先輩が代表を務めるFCバサラ・マインツ(現:ドイツ6部)の創設にも携わり、スーパーアドバイザーも務めるなどしている。

また、岡崎の獲得に尽力したハイデル氏は2016-17シーズンからシャルケのSDに就任していたが、2020年12月に再び古巣へ戻り、手腕を発揮。マインツの公式も「また会えて嬉しいよ、シンジ・オカザキ!!」と4日に同じ写真を投稿した。ファンからも再来を喜ぶ声や復帰を望むコメントが上がっている。