マンチェスター・シティは12日、スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(26)との契約延長を発表した。これまでの契約は2024年6月までだったが、新たに3年延長。2027年6月までシティの一員であり続ける。

“ロドリ”の愛称で知られる同選手は昨季は身長191cmのサイズを守備的MF。2019年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督の熱心なアプローチもあって、アトレティコ・マドリーからシティに活躍の場を移した。

移籍金額は当時のクラブレコードとなる6280万ポンド(現レートで約101億7000万円)で重圧もあったはずだが、初年度から2季連続で公式戦50試合以上に出場。昨季も46試合でプレーとほぼフル稼働した。

その昨季は中盤のフィルター役としての存在感もさることながら、得点力にも磨きをかけ、プレミアリーグで7ゴールを記録。優勝の行方を左右する最終節のアストン・ビラ戦でもゴールを決め、連覇に貢献した。

昨季限りで元ブラジル代表MFフェルナンジーニョが去り、さらに中盤の軸として引っ張っていく姿が期待されるロドリは「2019年のシティ入りは僕のキャリアにおける最高の決断だ」と振り返り、喜びを語った。

「ここでの1秒1秒が好きだ。ファンは常にアメージングで、クラブからも完全なサポートを感じる」

「(ジョゼップ・グアルディオラ)監督も毎日、プッシュしてくれる。いち選手として大きく成長させてくれたし、ペップや裏方のスタッフに感謝したい。僕が最高の選手になれるよう全力でサポートしてくれるし、感謝しているよ」

「僕がここに来てからも、チームはとても成功しているし、誇らしく思う。でも、正直に言って、その成功が僕のハングリー精神をさらに駆り立てている。大きなタイトルを一回でも手にすると、(その流れを)止めたくなくなるんだ」

「シティはトロフィーを獲得する最高のチャンスを与えてくれるから、ここに長くいられるのをすごく嬉しく思う」