鹿島アントラーズは13日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。

クラブの発表によると、当該選手は12日朝に頭痛と喉の痛みを訴え、同日午前に実施したJリーグ指定の新型コロナウイルス感染症・定期検査(抗原定性検査)で陰性診断を受けたものの、同日午後に発熱したためPCR検査を行い、陽性診断を受けたという。

当該選手はチームと別メニューで調整し、現在は適切な指導および対策のもとで療養。また、Jリーグが定める新型コロナウイルス感染症対策ガイドラインに基づき濃厚接触者の特定を行った結果、該当者は特定されなかったという。

また、当該選手を除く選手およびチーム関係者は、7月12日午前に実施したJリーグ指定の定期検査で全員陰性診断を受け、13日午前に予定していた練習を中止して自主的に抗原検査を行った際も、全員が陰性診断。現在、体調不良などの症状も確認されていない。

これにより、13日開催予定の天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会ラウンド16のガンバ大阪戦は、当該選手を除いた選手・スタッフを登録し、予定通り実施するとのことだ。