日本代表のキャプテンを務めるDF吉田麻也がシャルケでデビューを果たした。

シャルケは14日、セリエAのサレルニターナとプレシーズンマッチを実施した。

今夏サンプドリアを退団し、シャルケに加入した吉田。この試合では先発出場を果たしていた。

吉田のシャルケでの背番号は「39」に決まり、日本代表やクラブでも定着していた「22」以外をつけるために、違和感が多少ある。

その吉田は右CBとしてプレー。昨季はDF板倉滉(ボルシアMG)と最終ラインを形成したポーランド代表DFマルチン・カミンスキと[4-3-3]の最終ラインで並んでプレー。試合が止まった際には立ち位置などコミュニケーションをとる姿も見られた。

落ち着いてビルドアップにも参加した吉田は、危なげないプレーで前半45分間をプレー。守備の安定感を期待されているだけに、今後のプレシーズンでのプレーも期待されるところだ。



ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら