シャフタールは14日、イゴール・ヨビチェビッチ氏(48)の指揮官就任を発表した。契約期間は2024年6月までの2年間となる。

クロアチア人のヨビチェビッチ氏は現役時代、レアル・マドリーのリザーブチームやNKザグレブなどでプレー。1999年にはJ1リーグの横浜F・マリノスにも在籍していたが、公式戦1試合の出場にとどまった。

現役晩年の2003年にウクライナ・プレミアリーグのFCカルパティ・リヴィウに在籍経験があり、引退後には同クラブを指揮。その他には母国の名門ディナモ・ザグレブなども指揮し、昨季までの2年間はドニプロ-1の監督を務めた。

ウクライナのサッカー界は、ロシアによるウクライナ軍事侵攻に伴って今年2月以降すべての公式戦が中断されており、各クラブの外国籍選手や監督が相次いで退団。シャフタールも先日11日にイタリア人指揮官ロベルト・デ・ゼルビ氏の契約解除を発表していた。

なお、11日にはウクライナのワジム・フトツァイト青年スポーツ相が自身のフェイスブックに、8月23日より2022-23シーズンの1部リーグを実施すると投稿。無観客開催となり、空襲などにより危険が迫った場合は即座に試合を中断して、すべての関係者が避難する措置をとるとしている。

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら