有望な若手の獲得に余念がないバルセロナが新たなターゲットを定めたようだ。

スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナはアストン・ビラのU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)の獲得を目指しているとのことだ。

チュクエメカはアストン・ビラのアカデミー育ちで、2021年7月にファーストチームに昇格。2020-21シーズンのラスト2節でプレミアリーグデビューを果たしていたが、2021-22シーズンはプレミアリーグで12試合に出場するなど、ファーストチームで14試合に出場し1アシストを記録していた。

ボランチでプレーするチュクエメカは、イングランドでも最も有望な若手の1人として考えられており、世代別のイングランド代表も経験している。

アストン・ビラとの契約は2023年までとなっており、クラブは当然契約延長を申し出たが、本人は留まるつもりがない様子。来夏にはフリーで移籍してしまうため、アストン・ビラは今夏に売却する可能性があるという。

イギリス『talkSPORT』によれば、アストン・ビラは2350万ユーロ(約32億7000万円)に移籍金を設定しているとのこと。安い買い物ではないが、将来の投資と考えれば手頃な価格とも言える。

バルセロナは、今夏の移籍市場で優先事項が多々あり、解決後になると見られているが、状況を見守っていくことになるようだ。

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら