ユベントスはアーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)への興味を持ち続けているようだ。イギリス『インデペンデント』が報じた。

予てからガブリエウに関心を示しているユベントスだが、アーセナルもチームの立て直しに大きく貢献し、ディフェンスラインの中心でもあるガブリエウを簡単に手放す気はない。

ユベントスはオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)がバイエルンへの移籍が濃厚となっており、代役としてナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(31)の獲得に動いていたが、ナポリはイタリアのライバルに売却する気はなく、チェルシーへの移籍が迫っているとされている。

そのため、デ・リフトの代役として、ターゲットをガブリエウに絞ったとされている。

なお、アーセナルは約5000万ポンド(約82億2000万円)の移籍金を求めるつもりとのこと。ユベントスはフランス代表MFアドリアン・ラビオ(27)を譲渡することで、取り引きに利用しようとしているとのことだ。

ガブリエウは貴重な左利きのセンターバック。イングランド代表DFベン・ホワイトや日本代表DF冨安健洋、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーと強固な最終ラインを形成していたが、今シーズンはどうなるだろうか。

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら