カリアリのイタリア代表MFジョアン・ペドロ(30)がフェネルバフチェに移籍することが決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

昨シーズンのセリエAで37試合13ゴール4アシストと孤軍奮闘の活躍を見せたジョアン・ペドロだが、チームのセリエB降格に伴い今夏の退団が決定的と見られていた。

ここまではセリエA初昇格もモンツァやガラタサライが獲得に乗り出していたが、移籍金600万ユーロ(約8億3500万円)+アドオンの条件でフェネルバフチェ行きが決定した模様だ。

個人間でも合意に至っている同選手は、一両日中にもトルコに渡り、メディカルチェックを受診する見込みだ。

2014年夏にカリアリへ加入したジョアン・ペドロは、これまで通算270試合に出場し、86ゴール28アシストを記録。10番を背負い、キャプテンも務めるなど、長らくサルデーニャのクラブのバンディエラを担ってきた。

また、ブラジル出身もイタリアに帰化し、今年3月24日に行われたカタール・ワールドカップ予選の北マケドニア戦でアッズーリデビューを飾っていた。

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら