15日、天皇杯準々決勝の組み合わせ抽選会が行われた。

3回戦ではディフェンディングチャンピオンである浦和レッズや、J1リーグ2連覇中の川崎フロンターレといった優勝候補がJ2勢に敗れる波乱が起きた今大会だったが、ラウンド16ではサガン鳥栖を破ったヴァンフォーレ甲府を除き、J1勢が順当に8強入りを決めている。

なお、東京ヴェルディvsジュビロ磐田は、東京V側に新型コロナウイルスの陽性者が多数出た影響で、20日に延期となっている。

組み合わせ抽選会では、現時点でスタジアムを確保できていないヴァンフォーレ甲府、サンフレッチェ広島、東京ヴェルディvsジュビロ磐田の勝者(磐田が未確保)の3チームが直接対戦しないという縛りが設けられることに。

そして、注目の組み合わせは、J1で残留争いに身を置く16位のヴィッセル神戸と、リーグ優勝を争う2位の鹿島アントラーズ、J1で6位に位置するセレッソ大阪と、4位のサンフレッチェ広島がJ1勢同士で対戦することに。

また、J1で10位のアビスパ福岡はJ2で15位のヴァンフォーレ甲府と、J1で12位の京都サンガF.C.は、東京Vvs磐田の勝者との対戦が決定している。

なお、準々決勝は9月7日に開催予定だが、キックオフ時間は決定次第改めて発表される。

◆準々決勝対戦カード(9/7)
アビスパ福岡 vs ヴァンフォーレ甲府[M81]
ヴィッセル神戸 vs 鹿島アントラーズ[M82]
京都サンガF.C. vs 東京ヴェルディorジュビロ磐田[M83]
セレッソ大阪 vs サンフレッチェ広島[M84]

◆準決勝(10/5)
[M81]の勝者 vs [M82]の勝者[M85]
[M83]の勝者 vs [M84]の勝者[M86]

◆決勝(10/16)
[M85]の勝者 vs [M86]の勝者[M87]

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら