ノッティンガム・フォレストは15日、バーンリーからウェールズ代表GKウェイン・ヘネシー(35)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年となる。

ウォルバーハンプトンでプロキャリアをスタートしたヘネシーは、2014年にクリスタル・パレスに加入。2015–16シーズンから3シーズンに渡って守護神を務めたが、以降は徐々に出場機会が減少。2020-21シーズンは加入後初めてリーグ戦の出場がゼロとなっていた。

昨夏にはパレスとの契約満了に伴い、バーンリーにフリートランスファーで加入。イングランド代表GKニック・ポープのバックアッパーとして、公式戦3試合に出場した。

近年はセカンドGKの役割が続くものの、ウェールズ代表のGK史上最多となる103キャップを誇るベテランGKは、先のカタール・ワールドカップ欧州予選プレーオフでウクライナ代表の猛攻を凌ぐ圧巻のパフォーマンスを披露し、悲願のW杯出場に大きく貢献した実力者だ。

ただ、フォレストではマンチェスター・ユナイテッドからレンタル加入のイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンのバックアップを担うことになる。

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら