リバプールは15日、プレシーズンマッチでクリスタル・パレスとシンガポール・ナショナルスタジアムで対戦し2-0で勝利した。

現在、アジアへのプレシーズンツアー中のリバプール。12日にはタイのバンコクで行われたマンチェスター・ユナイテッド戦では0-4とまさかの完敗。シンガポールに場所を移して行われた今回のプレシーズンマッチでは、昨季プレミアリーグ12位のC・パレスと対戦した。

注目のスタメンはGKにアドリアン、4バックに右からミルナー、マティプ、コナテ、ツィミカス。中盤はヘンダーソンをアンカーに配置しインサイドハーフにC・ジョーンズとエリオット、3トップは右からオックスレイド=チェンバレン、フィルミノ、ルイス・ディアスが入った。

立ち上がりはややC・パレスのペースで試合が進んだが、リバプールは12分に先制する。左CKの二次攻撃から中盤でボールを拾ったミルナーが右サイドへ展開。これに反応したエリオットが右サイド深くから折り返すと、最後は走りこんだヘンダーソンがゴール左へシュートを流し込んだ。

先制点で攻勢を強めたリバプールは、22分にも左サイドをドリブルで持ち上がったツィミカスのクロスからフィルミノが決定機を迎えたが、ヘディングシュートは枠の右に逸れた。

その後は膠着状態が続く中、リバプールは37分にミルナーのパスをペナルティアークのチェンバレンが落とすと、ボックス右に抜け出したエリオットが右足ダイレクトでゴールをに迫ったが、これはゴール右に外れた。

ハーフタイムにかけても主導権を握るリバプールだったが、43分にアクシデント。足を痛めたチェンバレンがピッチ座り込むと、そのままピッチを後に。クラークソンが緊急投入された。

1-0で迎えた後半、リバプールは出場選手全員を交代。GKにハービー・デイビス、最終ラインは右からアレクサンダー=アーノルド、ファン・デン・ベルフ、ファン・ダイク、ロバートソン。中盤はアンカーにファビーニョ、インサイドハーフにナビ・ケイタとチアゴ、3トップは右からサラー、ヌニェス、カルヴァーリョが並んだ。

そのリバプールは47分、アーノルドとのパス交換でボックス右に侵入したサラーが左足を振り抜くと、相手DFに当たったボールにGKグアイタが反応しきれず。ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

開始早々の追加点で勢いづくリバプールは、49分にもボックス右深くから切り込んだサラーの折り返しからヌニェスがシュート。さらに70分には右CKからファン・ダイクがヘディングシュートを放ったが、共にシュートは相手GKの正面を突いた。

その後はプレシーズンらしく互いに多くの若手選手を投入しながら試合を進めたが、最後まで追加点は生まれず。リバプールが完勝でプレシーズン初勝利を飾った。

リバプール 2-0 クリスタル・パレス
【リバプール】
ヘンダーソン(前12)
サラー(後2)

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら