16日、明治安田生命J1リーグ第22節のサガン鳥栖vs横浜F・マリノスが駅前不動産スタジアムで行われ、2-2の引き分けに終わった。

リーグ戦連敗中の鳥栖が、前節引き分けて6連勝がストップした首位の横浜FMを迎えた一戦。互いに勝ち点を落とせない一戦となった。

鳥栖はシステムを変えて4バックに。前節から4名を変更。中野伸哉、森谷賢太郎、堀米勇輝、垣田裕暉が外れ、ファン・ソッコ、福田晃斗、小野裕二、宮代大聖を起用した。GK朴一圭、小野は古巣対決となる。

対する横浜FMは日本代表に7名が選出。前節からスタメンを6名も変更。畠中槙之輔、エドゥアルド、永戸勝也、藤田譲瑠チマ、水沼宏太、エウベルが外れ、松原健、角田涼太朗、渡辺皓太、山根陸、仲川輝人、宮市亮が起用された。日本代表に選ばれた中では、小池龍太、岩田智輝、西村拓真、宮市が先発した。

立ち上がりにチャンスを作ったのはホームの鳥栖。2分、インサイドでパスを受けた原田が縦パスを送ると、ボックス内で小野がトラップから反転シュート。しかし、これはわずかに枠の左に外れる。

横浜FMは17分にチャンス。西村が右サイドに展開すると、完全にフリーだった仲川がドリブルでカットイン。ボックス内に入ると、最後は田代が倒してしまいファウル。これで得たPKをレオ・セアラが中央に蹴り込み、横浜FMが先制する。

ボールを繋ぎながら、横浜FMのプレスを回避して攻めていきたい鳥栖。すると24分、小泉が本田にパスをいれると、左サイドを上がったジエゴにスルーパス。最後はクロスを宮代がボックス内で合わせ、鳥栖が同点に追いつく。

互いにボールを握りたい両チームだが、ポゼッションは圧倒的に横浜FM。左サイドを起点に右サイドから仕掛けるという形が増えていく。しかし、流れの中から良い形でシュートまでは持っていけない。

それでも42分、右サイドの仲川がパスを出すと、受けた山根がヒールでパス。受けた仲川が左足でシュートも、枠の左に外れる。

対する鳥栖は43分、ハーフウェイライン付近で田代がボールを奪うと、本田の浮き球のパスを福田がヘッドで繋ぎ、最後は小野がボックス付近でダイレクトボレーを狙ったが、ミートしなかった。

ハーフタイムで互いに交代はなく迎えた後半。互いに攻めては見せるも、決定的なチャンスを作れないでいく。

それでも59分、鳥栖は右CKを獲得すると、小野のクロスに飛び込んだファン・ソッコがヘッド。ドンピシャのシュートにGK高丘は一歩も動けず、鳥栖が逆転に成功する。

リードを許した横浜FMは64分に3枚替え。宮市、レオ・セアラ、西村を下げ、エウベル、アンデルソン・ロペス、マルコス・ジュニオールのブラジル人トリオを投入しゴールを目指す。

すると68分、横浜FMがボックス付近で細かく繋ぐと、最後はこぼれ球をエウベルが強振。シュートは枠に飛ぶが、GK朴一圭がセーブして凌ぐ。

徐々に押し込み始める横浜FMは日本代表初招集となったMF水沼を73分に投入。また同じく初招集を受けた藤田を76分に投入した。

流れを変えたかった横浜FMだが、なかなか上手く形を作れず。攻めあぐねる時間帯が続いていく。それでも85分、右サイドで松原がボールを持つと、ボックス右からクロス。ニアサイドに低いボールを送ると、飛び込んだ水沼が低い体制でバックヘッド。これがネットを揺らし、横浜FMが同点に追いつく。

さらに88分にはマルコス・ジュニオールが前でボールを奪うとドリブルで運び出しシュート。これはDFがブロックする。

その後も押し続ける横浜FM。91分にはボックス手前でボールを持ったアンデルソン・ロペスが左足で強烈なシュート。しかし、これもGK朴一圭がセーブして得点を許さない。

押し込まれ続けていた鳥栖だが95分に決定機。西川がFKのこぼれ球を拾うと、パスを受けた垣田もボールを運びグラウンダーのクロス。これが繋がりそうになったが、間一髪でクリアする。

結局そのまま試合は終了。勝ち点1を分け合う形となった。

サガン鳥栖 2-2 横浜F・マリノス
【鳥栖】
宮代大聖(前24)
ファン・ソッコ(後14)
【横浜FM】
レオ・セアラ(前18)
水沼宏太(後40)

ファビオ・カンナヴァーロ、アンドレア・ピルロら
イタリアのLEGENDたちがサカつくRTWに登場!
>詳しくはこちら